に投稿 コメントを残す

ほろ苦い少し大人なシーザードレッシングをご紹介

今回は市販で売られているシーザードレッシングはひと味違う「アンチョビが効いたオリジナルシーザードレッシング」をご紹介します!

どんなドレッシング?

シーザードレッシングと聞くと、粉チーズの濃厚さが際立つドレッシングを想像する方が多いかもしれません。しかしサラドのオリジナルシーザードレッシングは、アンチョビがピリッと効いた、少し大人なほろ苦さがあるのが特徴です。

このほろ苦さの秘密は、ケッパー。地中海沿岸原産の木の花のつぼみを酢漬けにしたもので、スモークサーモンによく添えられている薬味のひとつです。この他にもアンチョビやチーズが使用されており、アンチョビの塩気・チーズの濃厚さ・ケッパーの苦味などが複雑に混ざりあった奥深い味に仕上がりました。

こんな方/こんな時におすすめ

・お子さんがいるご家庭
・濃厚なドレッシングを召し上がりたい時
・マヨネーズが苦手な方
・マヨネーズを調味料の代用としても

お召し上がり方

市販で売られている液体状のドレッシングよりも、とろみのあるドレッシング。玉ねぎが舌に残り食感のアクセントとなるため、よく混ぜてお召し上がりください。

✳︎サラダにかける量の目安
サラドの店舗(渋谷区近辺テイクアウトのみ)でご提供しているサラダの容量おおよそ220gに対してドレッシングは50cc程。ご自宅でサラダを食べていただくボリュームにもよりますが、おおよそ半量の25cc(大さじ1.5)前後をおすすめします。

アレンジレシピご紹介

マヨネーズ代わりとしても使用できるサラドのシーザードレッシング。


今回はホクホクのじゃがいもと、濃厚なシーザードレッシングが絡まってとっても美味しい、「シーザードレッシングを使ったポテトサラダ」をご紹介します。
by スタッフ NAMI

材料(1人前)
・じゃがいも 中2個
・人参 1/4~1/2本
・きゅうり 1/2本
・玉ねぎ 1/4個
・ハム 2枚
・シーザードレッシング 50cc

*作り方*

Step1
じゃがいもの皮を剥き4等分などにカットし、耐熱容器に入れ600ワットの電子レンジで5分程チンをします。

Step2
人参1/4~1/2本を細切り又はいちょう切りにし、耐熱容器に入れ、2分程レンジでチンをします。

Step3
じゃがいもと人参をチンしている間に、きゅうり半分を薄切に、ハムを角切り、玉ねぎをみじん切りにします。

Step4
じゃがいもは竹串が通るような固さになったら、スプーンなどで潰します。

Step5
④の手順に②と③の具材を加えて混ぜ合わせます。

Step6
⑤にシーザードレッシングを加えてさらによく混ぜ合わせて完成です。(お好みで塩コショウなどを入れても美味しいです)

スタッフの感想コメント

シーザードレッシングと聞くとシーザーサラダに使用するというイメージが強かったのですが、サラドのシーザードレッシングは少しほろ苦さがあって、濃厚さがありながらも後味はスッキリしている点が、とても美味しかったです。またシーザードレッシングは、ご家庭で作ると材料も多く、真っ白につくるのは大変なため、ぜひこの機会に手にとって欲しい商品です。




この記事はスタッフ NAMI が書きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です