に投稿 コメントを残す

家族みんなで美味しく健康に!毎日の食卓にぴったりなドレッシングのご紹介です。

こだわりの味噌を使用した和風ドレッシング、『白ごまかおるセサミ味噌ドレッシング』をご紹介します。

どんなドレッシング?

今回ご紹介するのは『白ごま香るセサミ味噌ドレッシング』。
こだわりの味噌と胡麻の香りに、どこか懐かしさを感じるホッとする味。

サラドのドレッシングの中でも、日本人に馴染みのある風味がおすすめの一品です。
保存料不使用はもちろん、使用する素材にもこだわりました。

1. ベースとなる味噌

今回使用したのは、千葉県の中央に位置する長柄町でおばあちゃんが手作りでこさえた「ながら味噌 里の味」。

こちらは平成27年度の千葉県優良県産品にも登録されたとのこと。ながら味噌ならではのまろやかな風味と麹の香りが手伝って、子供から大人までみんな大好きな家庭的な味に仕上がりました。

2. カラダに嬉しいてんさい糖

寒い地域で育つてんさい糖の原材料「さとう大根」は、暑い地域で育つ「サトウキビ」に比べ、身体を温めてくれる作用があると言われています。それだけではなく、精製された砂糖に比べGI値*が低く、オリゴ糖がたっぷり含まれているんです。血糖値が急激に上がるのを防いでくれて、腸内環境も整えてくれる。甘みが欲しいときに抜群な天然の調味料ですね。
✳︎GI値:摂取後の血糖値の上昇度を示す指数。GI値が低いほど、血糖値は緩やかに上昇する。

3. 植物由来のお出汁「ベジブロス」

こちらは普段捨ててしまいがちな、野菜の皮や種から取れる出汁です。環境のために「ごみを減らす」観点からはもちろん、野菜から出る実は抗酸化作用の高いアクも摂取できるという優れもの。出汁というとどうしても動物由来のものに頼りがちですが、お野菜から摂れる栄養満点の風味を、是非味わってみてください!

こんな方/こんな時におすすめ

  • 免疫力アップのために腸活を始めたい時
  • 幅広いお料理に使えるドレッシングをお探しの方
  • サラダでも満足感が欲しい方
  • ヴィーガンの方(動物性の食品は一切使用しておりません!)

健康な腸を保つためには、いくつかの発酵食品を組み合わせることが大切。
1つの食材から摂取するよりも、複合させることでさらにパワーを発揮するんです!
セサミ味噌ドレッシングには、味噌、醤油などの発酵食品に加えて、オリゴ糖が含まれているため、腸活にもぴったり。

さらに、ここに納豆などの発酵食品をプラスするのもおすすめ。
市販の納豆のタレの代わりに、セサミ味噌ドレッシングを使うだけ!
これを玄米ごはんにたっぷりかけたら、腸活にぴったりな朝ご飯の完成です。

お召し上がり方

酸味も少なくしっとりとした味わいなので、スティック野菜のお供にも最適。ダイエット中や、お子様のおやつにもぴったりです。また食材との馴染みが良いため、毎日のお料理にもお使いいただけます。アレンジレシピも以下でご紹介します!

*サラダにかける量の目安

サラドの店舗(渋谷区近辺テイクアウトのみ)でご提供しているサラダの容量おおよそ220gに対してドレッシングは50cc程。
ご自宅でサラダを食べていただくボリュームもよりますが、おおよそ半量の25cc(大さじ1.5)前後をおすすめします。

おすすめサラダ

サラドの商品で相性抜群なのは「爽やか風味「塩こうじ豚」のサラダ」。

塩こうじでマリネした豚の肩ロースに、豆腐やガルバンゾ(ひよこ豆)など、たんぱく質もたっぷり摂ることができます。ゴロゴロとした食材との絡みもよく、お腹いっぱいになれて栄養満点の主食サラダが完成です!

ご家庭でのアレンジレシピ紹介

サラダのドレッシング以外にも、食材を包んで待つだけで今日のメインに!

「鶏ささみとたっぷり野菜の西京ホイル焼き」
by スタッフ Ann

野菜とお肉の旨味は、胡麻や味噌の香りと相性抜群。
とろとろになった野菜とドレッシングが絡んで、ヘルシーながら大満足のレシピです。
たんぱくな食材と合わせると、いつもの食材が贅沢な西京焼き風味に大変身です!

材料 (4人前)
 鶏ささみ 4本
 玉ねぎ 1/2個
 パプリカ 1個
 おくら 8本くらい
 ミニトマト 8個くらい
 きのこ類 おこのみで
 料理酒 少々
 塩こしょう 少々
 オリーブオイル 少々
 セサミ味噌ドレッシング たっぷり

*作り方*

Step1.
ささみは料理酒につけ置きし、オリーブオイルを塗ったアルミホイルにのせ、塩こしょうを適量ふりかける。セサミ味噌ドレッシングは薄く塗っておく。

Step2.
野菜・きのこ類は食べやすい大きさに切り、①で下味をつけたお肉とともにアルミホイルで包む。 玉ねぎは薄くスライスすると、ドレッシングと絡んで美味しい。

Step3.
フライパンに並べ、蓋をして弱火で20分〜25分蒸し焼きにする。

Step4.
温かいうちに、セサミ味噌ドレッシングをたっぷりとかけて完成。

*鶏ささみを厚揚げに変えたら、あっという間にビーガン仕様に!お魚で作っても美味しいです。
*生きたままの発酵食品にこだわるなら、下味は薄めにしておき、加熱後の温かいうちにドレッシングをトッピングするのがおすすめ。

スタッフの感想コメント

セサミ味噌ドレッシングは、野菜にかけるだけでなく、万能調味料としても使えるのがポイント!日々のお料理をあっという間に、健康的かつ美味しくしてくれるのは嬉しいですよね。

緑の野菜が嫌いな子も、ホイル焼きにしたらぺろっと完食でした。
素材との馴染みもよく、ひとつあると大助かりなセサミ味噌ドレッシング。

是非一度、試してみてくださいね!




この記事はスタッフ Ann が書きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です