に投稿 コメントを残す

毎日続けて健康に!塩レモンで免疫力アップを目指しませんか?

暑い夏こそ、身体に、心に、しっかりビタミンチャージしましょう!『塩レモン』のご紹介です。

塩レモン
(『塩レモン』)

どんな調味料?

塩レモンをご存知ですか?
モロッコ発祥の伝統的な調味料で、使用するのはその名の通り、塩とレモンだけ。

レモンを塩につけて発酵させ、普段の料理に塩を使うのと同じように使っていただけます。
さらにお肉やお魚の臭みを消し、旨味を引き出してくれます。
とってもシンプルですが、ひとつあると豊かな香りで味わいもぐっと広がる、万能な調味料なんです!

レモンに含まれるビタミンC、そして酸っぱさのもとであるクエン酸は、美容と健康に欠かせない栄養素です。紫外線の強いこれからの季節、夏バテ予防のためにも積極的に摂りたいですね。

塩レモン初心者さんも、塩レモン常連さんも、素材にこだわったサラドの塩レモンを試してみませんか?

こだわりの原材料

サラドの塩レモン、原材料はレモンと塩のみ。
ケミカルなものは一切不使用のピュアな塩レモンだからこそ、丁寧な素材選びを徹底しました。

1. 手間と愛情で育ったレモン

スーパーで目にするレモンの多くは輸入品。綺麗な色と形で届けるために、表面をフルーツワックスという薬でコーティングしている物が多く見られます。

そこで出会ったのが、兵庫県淡路島で太陽の光をたっぷり浴びて育った、「無農薬・ワックス不使用」のレモン。

淡路島は、晴れの日が多く、雨が少ないのが特徴。雨=水分量が低いと、味の濃い果実が実ります。太陽の光をたくさん浴びることで、糖度の高い甘い実になるんだとか。

さらに海風に吹かれて育つのも、島ならでは。海水に含まれるミネラルや成分が、レモンの木に届けられ、豊かな土壌とともにすくすく成長するそうです。

今回お世話になったのは、創業60年以上の平岡農園さん。

届いたレモンを見てみると、街中に並ぶレモンに比べてとっても艶々。ワックスでのコーティングをせずに、どうしてこんなに綺麗なのだろう?と目を疑うほどです。

レモンの皮の表面には天然のワックス成分が付いており、これはレモン自身が乾燥を防ぐために自分で出しているもの。これをなんと平岡農園の方々は、出荷時に布でひとつずつ、丁寧に拭いて磨いているそうです。この他にも、除草剤は一切使わず雑草は手作業で刈り取ったり、病気の元となるレモンの木のトゲを一本ずつ取り除いたり…

この丁寧なお仕事と愛情のおかげで、天然の姿のまま艶々に輝くレモンが私たちのもとへ届くんですね。

ちなみにこちらの農園では、2種類のレモンが栽培されていますが、サラドの塩レモンで使用しているのは、アレンユーレカレモンという品種。豊かな香りが特徴で、果皮ごと使うのに最適とのこと。爽やかな香りを楽しみたいお料理にぴったりです!

(平岡農園のレモン)

2. 発酵に最適、ミネラルたっぷりなお塩

ミネラルは私たちの身体に欠かせない栄養素ですが、自分たちの体内ではつくり出すことができません。効率的に摂りたい栄養素のひとつですよね。

ところで普段、どんな塩を使っていますか?お手頃価格で出回っている塩は、一度に大量生産するため、海水を高温で炊くことでできたものが一般的。ですが海水に含まれる良質なミネラルは、その熱によって壊れてしまうんです。

今回塩レモンに使用したのは「わじまの海塩」。1番のこだわりは結晶化させるときの温度。一般的な窯炊きはせずに、海水の上から体温と同じくらいの熱をあて、低温でじっくり結晶にしていきます。そうすることで、ミネラル成分が活きたまま残ります。

それに加えて、柔らかくて溶けやすい=素材に馴染みやすいお塩が出来上がります。つまり、発酵との相性が抜群!ナトリウム、マグネシウム、亜鉛などの成分バランスも、発酵を促すのに最適とのことで、今回の塩レモンに最適だったんです。

さらに「わじまの塩」は、成分の割合が人間の血液とほぼ同じであることが明らかになったとのこと。精製された塩と比べ、より負担なく体内に摂り入れることができます。

(わじまの塩)

こんな方/こんな時におすすめ

  • 安心、安全な素材にこだわる方
  • 免疫力を高めたい方
  • 気分がすっきりしないとき
  • ダイエット中のリフレッシュに

レモンのリモネンの話

「レモンのリモネン」なんだか可愛い響きですよね。
実はこのリモネン、私たちの心と身体に大きな効果をもたらしてくれます。

アロマセラピーでは、レモンの精油がダイエットに効果的とされているんだとか。交感神経を活性化させることで、コレステロールを減らし、脂肪を分解しやすくしてくれる働きがあるんです。

それだけでなく、交感神経を刺激すると新陳代謝が活発になり、頭をすっきりさせてくれます。確かにレモンの香りを嗅ぐと、シャキッと目が覚めますよね!

香りはもちろん、体内でも大きな役目を果たしてくれます。
まず大きなポイントは、免疫力を高め、菌やウイルスへの抵抗力をつけてくれること。また癌や抜け毛の予防、胃の粘膜の保護にもなるんです。
健康な心身のために、意識して取り入れたい栄養素ですね。

ただこのリモネン、果実ではなく皮に多く含まれているため、皮の部分を効果的に食べることが大切。
だからこそ、サラドの「無農薬・ワックス不使用」の塩レモンをオススメしたいのです。

お召し上がり方

発酵するのに最適な5月頃から、サラドでは仕込みを始めた塩レモン。
実はご購入いただいたあとも、ご自宅で変化をお楽しみいただけるんです。

始めは、レモン独特の爽やかな酸味がしっかりと感じられますが、時間とともにまろやかな口当たりになっていきます。清潔なお箸などで取り出していただければ、2年は美味しく召し上がっていただけます。

とても柔らかいため、お箸やスプーンで必要な分だけ少しずつお使いくださいね。
お肉、お魚料理はもちろん、おむすびの塩の代わりにもオススメです!

これからの季節に心配な、お弁当の傷みにも効果的です。

(サラドの塩レモン)

ご家庭でのアレンジレシピ紹介

夏…キッチンで、なかなか火を使う気分になれませんよね。
ということで、今回は火を使わずに10分足らずで完成のレシピをご紹介します!

「すっきり美味しい!かぶとツナの塩レモンマリネ」
by スタッフ Ann

材料(4人前)
かぶ 2〜3玉
ツナ 1缶
塩レモン 大さじ1弱
オリーブオイル 適量

*作り方*

Step1.
かぶは1〜2mm程度のいちょう切りか半月切りにし、塩をふって2分ほどしたら軽く絞る。 

Step2.
ボウルにかぶ、ツナ、塩レモンを入れてよく混ぜ合わせる。

Step.3
仕上げにオリーブオイルをひと回しして完成。

(盛り付け後の写真を撮り忘れてしまいました…涙)


*彩りがきれいなので、この手軽さにもかかわらず、ホームパーティーや来客時の食卓も華やかにしてくれるはず!

*翌日は味が馴染んでさらに美味しくいただけました。作り置きにもぴったりです。

スタッフコメント

塩レモンの瓶を開けると、キッチンにレモンの香りがふわっとするんです。

美味しさや使いやすさはもちろんですが、そんな小さな幸せが、毎日のお料理を楽しくする秘訣な気がしています。

お肉やお魚との相性も抜群ですが、個人的には風味を存分に楽しみたくて、加熱せずにいただくことが多いです。それくらいいい香りなんです!

最近のマイブームは、冷奴にトッピング。オリーブオイルとブラックペッパーをかければ、なんだか御馳走つくったかも!っていう気分になるのでおすすめです。笑

ぜひお試しくださいね。




この記事はスタッフ Ann が書きました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です